【メタルカットプリント】大切な写真をステンレスに切り抜いて保存してみませんか【レーザー加工】

写真を飾っても色褪せてしまう、湿気を吸って痛んでしまう。

長く記念として残すことはできないかと考え、

ステンレス板を使用して切り抜いてはどうなるだろうと思ったことが始まりです。

見たままを再現できる写真とは違い、

加工には限度がありますので、必要最低限の線・表情を抽出していきます。

特に『目』には集中して調整を行います。

そっくりだ!!と言っていただけるよう加工と調整を繰り返しつつ作成していきます。

境目の描写なのでまだ変な感じがしますが・・・。

写真を基に少々手を加えていきます。

表情があるものだと少し変えるだけで別人になってしまったりするので慎重に・・・。

そして加工準備です。

この瞬間はいつになってもドキドキです。

完成です。バックは色々なものを試しましたが、黒が一番ですね。

そして少し浮かすとなお良いと思います。

ちなみに、

ほんとに切れてます。

こちらは製作したものの一部になっております。

※掲載許可は頂いております。

皆様はどんな写真を切り抜いてみたいですか?


追記:加工に関しての注意点

メタルカットプリントは、切り絵の様に1枚の中で全てつながった状態となります。

なので、どうしても加工が難しいものが出てくる場合があります。

ここでは製作が出来なくなってしまいそうな注意点をご紹介します。

上の複雑な加工の事例は、写真を切り抜く時に多いです。基本的に背景は省略させていただいています。

10人以上の集合写真などを切り抜く場合は、線が多すぎてどうしても簡略化せざるをえなくなってしまいます。

⇓⇓わかりやすく見てもらうとこのような感じ(イメージ図です)

家族の集合写真は、切り抜き可能です!(バストアップ推奨)

※5人以上の場合、アクセサリーや服の模様は簡略される可能性があります。

そして、一番重要なことは、

キレイな(画質の良い)画像データを用意していただくことです!!

画質が粗かったり、ピンボケしたりしていると切り抜きが格段に難しくなってしまいます。

以上、メタルカットプリントの注意点でした!!

↓↓YAHOO!ショッピングのトップページはこちら↓↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA