RZ250R スケルトンクラッチカバー

こんにちは!

自分のバイクをレストアしている中で、

感じたことと、やってみたかったことがありました。

部品を新しく買う覚悟で実験してみたらかなり上手くいったので報告していこうと思います。

エンジンの中が見えるクラッチカバー

まず今回作るにあたって感じたのは、

アクリルやガラスの透明カバーは色々売っているのだけど、

クラッチカバーに穴を開けるための加工は自分でしなくてはいけない。

そしてその方法もよく分からない!!

という事でした。

だったら宣伝の為に!という事で

こんな加工です!という動画も作ってみました。

⇓⇓⇓それがこちらです⇓⇓⇓

RZ250R スケルトンクラッチカバー製作 RZ,RZRオーナーに届け!

アクリルカバーを作る

色々な物が売っているというアクリルカバーを作ります。

青葉製作所ではレーザー加工機で切り出して旋盤で段付き加工という工程です。

こちらは完成したものになります。

作製した段付き部分は、オイルが漏れないようにOリングを取り付ける受けになります。

このOリングが中途半端な大きさでして取付の際は苦労しました。

ちなみにOリングは耐油性と耐熱性のあるものを使用しましょう!

このアクリルカバーの上に切り抜いたカバーを付けたいという方は、

さらに小さいOリングが+3個必要になります。

クラッチカバーの加工

お次は本命クラッチケースに穴を開けます

やはり青葉製作所ではレーザー加工機を使用します。

詳しくは、動画でお話していますが、

自社で作れない部品ですのでかなり慎重に位置出しの確認をして加工を開始します。

「失敗してしまいました!!」はシャレになりません!!

その確認を終えて加工を終えると切断面が少し溶けたりしています(バリ)ので、

綺麗にしていきます。

※加工後は十分洗浄をしてお使いください。

完成です!!

こちらが取り付けたものです。

ちなみに途中ケースが汚かったので、サンドブラストをして塗装(缶スプレー)しました。

RZ250Rに装着

完成したものをRZ250Rの取り付けます。

中が見えていいて回転している動画は是非youtubeの方で確認ください。

協力できる範囲で協力はしていきたいと思いますので、

興味を持たれましたら問い合わせをお待ちしております。

今回は以上になります。

ありがとうございました。

4L3 AuDeBu DIY RZ250 RZ250R RZ350 RZ350R TIG溶接 YAMAHA おしゃれ インテリア オリジナル オーダー オーダー製作 カスタム カッコイイ カバー ステンレス スポット溶接 チェーンカバー データ作成 バイク バリ取り機 パイプ ベンダー ヤマハ ラジエーター ラジエーターカバー レーザー加工 作成 作製 写真加工 切り抜き 切り絵 加工 半自動溶接 曲げ 曲げ加工 溶接 組立 裏波 製作 配管 隅肉 飾り切り



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA