電車車両用水タンク製作~検査中~(TIGの裏波溶接についても)

こんにちは!

ここ最近、かなりジメジメしていますね!

湿度が上がり過ぎると、昔の加工機とかが錆びだしてしまったりするので、

いつも以上にメンテナンスに気を遣う時期ですね。

水タンク 検査

当社のメイン製作物である、電車に使用される水タンクになります!

「ココがこんなになって~」「ココを工夫して作って~~」と言ったように説明することができないのですが、

検査風景だけでもどうぞ!!

ネットの検索を使って「電車 水タンク」とか「電車 汚物タンク」とか検索すると

10枚に1つくらいは私の作った事のあるものに辿り着けたりするので、

皆さんもよろしければ検索してみてください!

TIGの裏波溶接、バックシールド溶接

こちらのタンクは特殊な溶接方法で製作していきます。

製作する時に内部をイナートガスで充満させて、外側よりつなぎ目を溶接していきます。

その際、イナートガスを充満させておいたおかげで内側も「花咲き」という不具合が起こることなく、

外側と同じような溶接痕を形成することができます。

これが、「バックシールド溶接」や「裏波溶接」と言われるものです。

ちなみにですが、「花咲き」とは酸化してしまったものの事です。

こうなってしまうとステンレスの特性が全く発揮されなくなってしまいます

裏波溶接のコツとしては何回も練習して溶融地の微妙な変化を感じられる様になるしかないかなと思います。

私はトーチを動かした時の溶融池プールの反応に全神経を集中させて溶接を行ってます。

あと注意することと言えば

ガスを入れ忘れない事!!!

くらいですね(笑)

以上になります。

↓↓YAHOO!ショッピングのトップページはこちら↓↓

4L3 AuDeBu DIY RZ250 RZ250R RZ350 RZ350R TIG溶接 YAMAHA おしゃれ インテリア オリジナル オーダー オーダー製作 カスタム カッコイイ カバー ステンレス スポット溶接 チェーンカバー データ作成 バイク バリ取り機 パイプ ベンダー ヤマハ ラジエーター ラジエーターカバー レーザー加工 作成 作製 写真加工 切り抜き 切り絵 加工 半自動溶接 曲げ 曲げ加工 溶接 組立 裏波 製作 配管 隅肉 飾り切り



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA